Archive for 10月 30th, 2008

鹿鳴館

木曜日, 10月 30th, 2008

20081029210353.jpg

おーす。
最近あまり日にちの感覚がなくなってたんだけどもう10月の後半なんだねぇ。
この時期、てか10年前の、10月の今日ぐらいの時期かなぁ。ちょうど俺が初めて東京でライブをやった日なんだね。場所は目黒の鹿鳴館。
鹿鳴館でライブやる事が夢だったからね。
だからブッキングした時からドキドキしてたな。俺が大好きだったバンド達がこの場所から巣立っていったのと、その場所のステージに俺が立てると言う嬉しさ。
もうドキドキでしょ?(笑)
..
初めてのライブはオーディションライブだったね。当時は厳しかった。
鹿鳴館のレギュラーになるためにはまずライブハウスの人に認めてもらうしかないからオーディションから始める。演奏を見てもらう。
まぁ会社の面接みたいなもんでしょ。
当時はバンドもたくさんいたからとにかくハードルが厳しかった事だけ覚えてる。
俺はとりあえず当時のメンバーと原宿のイエローハウスに行ってダークな黒い衣装を買ってヴィジュアル系のメイクの勉強をめっちゃした。
なんとかなると思ってた。
曲には自信あったから。なんとなく。
「俺の曲はすごい!」
とか思ってたから。
今思えば、中二病でしょ。(笑)
..
その時同時に思ったのが「そういやファンがいない!!」って事に気付いた。そんでとりあえず、コンビニで「うつるんです」を買ってメンバーで集まって写真を撮り ワープロ(当時)でライブスケジュールを打ち、神奈川県川崎市宮前区の某セブンイレブンでコピーのチラシを何千枚も作り、初ライブの前日にあったペ◯シリンの渋谷公会堂のコンサートへフルメイクフル衣装で行き、とにかくビラを配りまくった。
なんとかなると思ってた。
..
その時、一人の女の子が話しかけてくれた。
「あの〜〜〜。写真撮ってくださーい。」って言われた。
..
…。
その時。
「キタ――――――――――――――!!!!」
って思った。
初めてのファンじゃん。
…。俺もすげぇ嬉しくて
..
「いいですよ。」
って言って快くピースをして彼女の隣りに行った。
..
..
..
..
..
その時
「あのー。そうじゃなくてぇ。私と友達を撮って欲しいんですけどぉ。」って言われてカメラを渡された。(笑)
..
..
..
..
..
「あぁ。そういう事か」と思ってカメラを手にした。
二人は笑顔で笑ってる。俺は
「はい。もうちょっと寄って!はいチーズ!」
とか言ってる。
二枚目も撮った。
..
……。めっちゃカメラマンやん。俺。
..
..
..
…。調子に乗って
「はい。もっと二人とも笑って!!」
とか言ってる俺がいる。……。
めっちゃカメラマンやん。俺。
フルメイクフル衣装で。(笑)
なにやってんの?.
..
..
..
でもとにかくビラを配りまくってたら女子高生の二人の子がチケットを二枚買ってくれた。
単純に嬉しかった。
..
そして初ライブ当日。
俺たちのお客さんはその女子高生の二人だけだったった。
でも俺の中ではやりきった感はあった。
「いける!」と思った。
..
…。だけどオーディションの結果は「不合格」だった。
理由は「ベースのチューニングが狂ってたから」って言われた。
..
「…。ガーン( ̄□ ̄;)!!」やろ。
「なんでなん?」
て思った。
..
けど確かに俺、当時、チューニングとかコードとかあんまり分からんままベースをやってたからそりゃあプロの人からしたら甘ったれの若僧やろ。
..
帰りがけの目黒のケンタッキーで当時のメンバーに責められた。
でも俺はずっと「なんでなん?なんで俺だけ怒られてんの?お前らは完璧なん?」って思ってた。
ドラマーのショウキだけは「こう言う事もあるから次また頑張ろうよ。」って言ってくれた。
その時「頑張ろう」って思えた。
あれが俺の心の支えだったのかもしれない。
あの一言がなければ俺はブチ切れてバンドなんてやめてたかもしれない。今までどんだけムチャクチャやっても受験で不合格なんて事はなかったから。
人生なんて要領よく生きてればなんとかなるとか適当な考えしてたからな。当時は。
変なプライドも邪魔だったし。
..
メッチャむかついてたから練習もした。(本当は嫌いだけど。)
その後の浦和ナルシス、高田馬場エリア、市川クラブジオ(今はないけど)のオーディションライブに受かって、年明けにもう一度、鹿鳴館のオーディションライブがあった。
リベンジだ。
..
ちゃんとチューニングも徹底した。練習もした。もう一度挑戦する。
全身全霊を懸けて。
..
そして二度目で合格した。
そして人生で初めてのワンマンライブって言うものも目黒鹿鳴館で経験した。
目の前のリベンジはできた。
しかし鹿鳴館には魔物がいるって言われてた。
俺もそう思う。あのステージから二階席にかけて。そしてステージに登る階段。そしてトイレ。
全て何か重い空気を感じる。(まぁ、あまり公表できないけど感じやすい性格なので。笑)
今までその重さに勝てなかった自分もいる。
エルドのファンクラブ限定ライブの鹿鳴館のライブも酸欠でブッ倒れた。今まで酸欠になった事なんてこの日だけだ。
その日も五年前の10月だった。(笑)
殺されそうな空間だよね。
..
なんだかんだ言いながら東京の初ライブから10年。
時が廻ってまた再び鹿鳴館と言うステージ(リング?)に立てる。
神様は皮肉にもこう言う時だけ俺を試そうとする。
まったく皮肉だ。(笑)
..
12月21日。目黒鹿鳴館。初ステージと同じ場所でとにかく何かの答えを出したい。
そしてショウキ。誕生日おめでとう。
10年前の肌寒い夜を思い出すぜ。
あの気持ちは忘れないままで。
むき出しの感情のままで。