Archive for 1月 12th, 2009

天使の落日

月曜日, 1月 12th, 2009

20090104193223.jpg

俺は宗教にあまり興味ない。
だけど神はいると思ってる。心の中にいると。
俺自身、今まで崖っぷちから奇跡的に助けられた事が何度もある。
それは悪運とか偶然とかではなく神様が助けてくれたんだと思ってる。
..
日本と言う国は本来、無宗教国家であり、海、山、太陽光、雨などの自然を神と仰ぐ国だった。
生きる事を感謝する事、その信仰心が日本独自の「神道」を生んだと思っている。神道の「神」とはまさしく「自然」の事だ。
..
中学の時、空手を習ってた。
亀仙人みたいなじいさんが師匠だったんだけど(笑)、その道場には日の丸と神棚があり、稽古の前には、いつも日の丸と神棚に土下座させられた。亀仙人に。
ぶっちゃけ「じいさん、めんどくせー。」とか思ってたんだけど(笑)、今考えたらそれが日本古来の信仰スタイルなのかなーと感じる。
先生は「拝め!」って言ってたんじゃなくて「感謝しろ!」って言いたかったんだな。今考えると。
..
だから今でも神社に行くと「〜なりますように。」と拝むのではなくて「ありがとうございます。」と拝む。
「〜なりますように。」と言うのは、あくまで個人の利益を願うものであって、神は利益とは無縁な存在だと思うのね。本来は。
だから「こんな俺だけど生きさせていただいてありがとうございます。」って拝む。
..
ニュースを見れば今でも世界は相変わらず宗教の違いで争いを繰り返している。
しかし信じる神様が違うだけで、神に「感謝する」スタイルはみんな一緒だと思う。クリスチャンも仏教徒もイスラムの人々もそれぞれの心の中に神はいるはず。
本当の心の会話ができればこの先、第三次世界大戦は永遠に起こらない。
..
「平和」。
こんだけ不安定になった世の中だからこそ、あえて今、この言葉に感謝して。生きる事に感謝して明日を向かえたいよね。
..
久しぶりに「天使の落日」って言う曲を聴いてたらそんな事思いましたよ。(笑)