Archive for 5月 19th, 2010

瞬介を送る会にご参加頂きました皆様へ

水曜日, 5月 19th, 2010

瞬介を送る会にご参加頂きました皆様へ
 
この度は突然の訃報にも拘わらず、瞬介を送る会にご参加頂きまして本当にありがとうございました。お礼が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。お陰をもちまして過日5月15日、無事に四十九日の法要を終えましたことをご報告申し上げ、瞬介の弟より遺族を代表し、慎んでお礼とご挨拶を申し上げます。
 
5月3日の瞬介を送る会には、お忙しい中にも関わらず多くの方にご献花を頂きまして、本当にありがとうございました。瞬介という人がこれほどまでに多くの人と接し、支えられ、励まされてきた幸せな人であったということを実感することができ、遺族としても嬉しく思います。
 
正直にいえば、彼がこの世を去ったという事実が未だに夢であるかのように思えてしまいます。それは、このブログをご覧になって下さっているファンの方や、彼を支えてくれた関係者の方、苦楽を共にされたメンバーの方も同じ気持ちなのでは、と感じています。まるで、まだ彼は生きていて、明日になったらまたいつものようにバカをやってくれるんじゃないかと。
 
そして気付かされるのです。そんな気持ちにさせられること自体が、瞬介が多くの人の心の中で生き続けている証左であるということを。
 
 
確かに、逃れようの無い事実として、瞬介は新しい世界に旅立っていきました。
 
しかし彼は、これだけ多くの人の心の中で生き続けています。
 
「鬱屈したこの時代を、社会を、世界を変えたい。もっと皆が楽しく、どんなことも笑い飛ばせるような世の中にするために。」
 
そんなメッセージを音楽という手段で表現してきた瞬介の物語は、まだずっと続いていく気がしてなりません。
 
 
これからも、皆様にとってそれぞれの人生があると思います。
 
その人生を生きていく上で、瞬介が伝えようとしたメッセージとその物語を、心のどこか片隅に置いて頂ければ、遺族としてこれ程の幸せはありません。
 
長い人生のいつかどこかで、彼にまた出会えることを信じて。
 
 
最後になりましたが、皆様のご健勝と益々のご活躍をお祈り申し上げ、お礼ならびにご挨拶とさせて頂きます。ありがとうございました。
 
平成22年5月
遺族を代表して 瞬介の弟より