桜咲け。

20090123112952.jpg

もう2月後半ねぇ。
この季節になると大学受験で東京に来た頃を思い出すねぇ。
下見とかしに東京中を探索してたなぁ。
..
友達と渋谷で待ち合わせしてた時。
「日暮里」とか「五反田」が読めなくてJR山手線の中、電話で
「あぁー。もしもしー。さっきヒグレザト過ぎたからー。うん。もう少しでゴソリダに着きそうー。うん。」
…て。フツーに。(笑)
あの時電車に乗ってた人々はどう思ってたんだろう。
…。あぁ。恥ずかしい。(笑)
..
渋谷に着いた。
「109」はいちお、「マルキュー」って事は知ってた。
..
..
..
..
..
..
…。
しかし「丸井」の「○I○I」はさすがに読めなかったなぁ。
「あー。今、マルキューじゃなくてオイオイの近くにいるんだけどぉー。」
って……。
おいおい。(笑)
..
..
なんてクオリティーが高いんだ。
..
まぁ、若いうちは隙だらけって事ですよ。(笑)
..
とにかく「数打って当てろ」作戦で7つぐらいの大学、偏差値はピンからキリまで受験しまくったなぁ。二週間ぐらい。最初の大東文化あたりは勢いがいいんだけど、真ん中の日大とか東洋あたりで中ダルミして、最後の法政の時は体力的にも精神的にも「もういいいや。やることはやった。」とか思ってた。若さがゆえのスタミナ不足。戦略に勢いしかない。
今やれって言われたら絶対無理だな。それか、もっと考えて行動するね。
..
でも当時、実はバンドに夢中すぎて学校サボりまくってて出席日数が足りなくて高校の卒業も危うかったのだが、最後に三年の頃の担任のN先生が校長や他の先生に頭下げてくれて「大学受かったら卒業させてやる」って言われて、必死になったよ。当時。
「進学か留年」しかないんだよ?真ん中ないんだよ?究極の選択だよ。そりゃ必死だよ。
今まで「先輩〜!」とか言ってた奴らと春から一緒のクラスで机が隣とか無理っしょ!
この時初めて「死ぬ気の覚悟」ってものを味わった。本気になったよ。
..
そしてまさかの桜が咲いた。奇跡だ。
必死になった時に神様はプレゼントをくれるんだと思った。
卒業式の時、卒業証書をもらった時にやっと我にかえった感じ。その時はワー!と涙が出たね。
無茶苦茶ばっかりやってて人生なめくさってた俺を最後まで見捨てなかったN先生に感謝したよ。泣きながら抱きついたさ。「先生ー!」って。
(…。ホモじゃないよ?笑)
..
そして最後まで背中を押し続けてくれたオヤジとオカンにも本気で感謝したな。
(…。まぁ、その後、親不孝物語が再び始まる事は当時の二人は知らない。笑)
..
..
..
…。だから受験生のみんな、今は大事な時期だろうけど、頑張れ。
緊張せずにリラックスして。
緊張していい事はない。
..
人間、いつも気張ってたら疲れてしまう。
だから「ここぞ!」って時に的を当てて。
そこだけ必死になればいい。
..
桜咲け!春に。みんなに。……。あと俺にも。(笑)

Comments are closed.